パン教室や学校に通うことが職人になる手段

Special Education

パン職人になるために必要な知識と教室や学校で取れる資格を知ろう

様々な手法で作られる美味しいパン

最近は、パン教室や作り方を教える専門学校などが増えてきていて、サラリーマンからパン屋へ転職する人も多くいます。しかし、材料や作り方で分類されるパンの種類は知らない人も多いでしょう。パンは種類によって味や製造方法が変わるため、これから作ってみたいと思っている人は知っておいた方がいいでしょう。

パン教室や学校に通うことが職人になる手段

食材

パン職人になるための方法

職人になるために必要な技術を身につける方法は二つあります。調理系の専門学校や教室などに通い技術を身につける方法と、パン屋で働きながら技術を教えてもらう方法です。どちらもしっかりと技術を身につけることができるので、自分のライフスタイルに合ったやり方を探しましょう。

社会人でも通いやすいパン教室

最近は、パン職人に転職を考えている社会人の方などにも通いやすい教室や学校が増えてきています。夜間や週1日で学べるコースもあるので、忙しい人もライフスタイルを無理に変える事なく通う事ができます。

パン屋を開業するために必要な資格

お店を開業する為に必須である資格はありません。しかし「パン製造技能士」や「食品衛生責任者」などの資格を持っていることでお店に対する信頼度が変わってくるため、パン屋を開く前に取得をしておくことをおススメします。

色々なパンの種類

リッチパン

リッチパンは卵や砂糖や乳製品などの材料を贅沢に使用したパンです。他のパンよりもしっかりとこねることで生地にコシができて、より甘味やコクがあり、生地も柔らかくふっくらとした仕上がりになります。

リーンパン

リーンパンはリッチパンと比べ、シンプルな材料で脂肪分が少ないです。タンパクな味わいになっていてるため、おかず等と一緒に食べて味を引き立てることができるのがリーンパンの特徴になっています。

天然酵母のパン

最近は、イーストではなく天然酵母で作られているパンも増えてきています。天然酵母で作るものは発酵に時間がかかってしまいますが、ゆっくりと発酵させることで独特の甘みやコクのあるパンの仕上がりになります。

広告募集中